死亡事故について、裁判で1778万円増額の4476万円を獲得した事案

1 事故発生

むつ市周辺郡部在住の60代の女性(パート)が、横断歩道付近を横断中に自動車にはねられ、外傷性ショックで亡くなられました。加害者は飲酒運転であったうえ、ひき逃げまでしたという極めて悪質な事案で、ご遺族の悲しみや怒りは察するに余りあるものでした。
 

2 相談・依頼のきっかけ

保険会社から示談の提示(2698万円)があったものの、裁判基準よりもかなり低い金額であったため、「正当な金額の損害賠償を請求したい」とのことで、相談・依頼されました。
 

3 当事務所の活動

裁判基準による損害賠償の金額を算出のうえ、保険会社との示談交渉を試みましたが、保険会社の回答はわずかな増額だけで、ご遺族の納得を得られるものではありませんでした。そのため、ご遺族の意向により、裁判での解決を図ることとしました。
 

4 当事務所が関与した結果

主な争点は、逸失利益、死亡慰謝料、葬儀費用の金額でした。死亡慰謝料は、家事や子育てを担う主婦の場合で2400万円、それ以外の女性の場合で2000万円~2200万円が裁判基準の標準額ですが(平成28年以前の裁判基準)、飲酒運転やひき逃げなどの悪質な事案では増額が可能であり、本件では2700万円を獲得しました。

そして、逸失利益、葬儀費用でも増額に成功したうえ、弁護士費用287万円の賠償も獲得し、合計1778万円増額(合計4476万円獲得)による裁判上の和解を勝ち取りました。
 

項目 保険会社の提示 当事務所介入後の結果
逸失利益 1075万円 1336万円(主に基礎収入の違い)
死亡慰謝料 1500万円 2700万円(裁判基準+飲酒運転・ひき逃げで増額)
葬儀費用 120万円 150万円
弁護士費用 0円 287万円

 

5 解決のポイント(所感)

飲酒運転・ひき逃げによる死亡事故という、非常に重い案件でした。解決後、ご遺族から「感謝しています」というお言葉をいただき、大変ありがたく、報われる思いでした。
 

6 お客様の声

交通事故の問題で不安でしたが木村先生のアドバイスなど親切な対応で大変助かりました。  

※クリックすると拡大されます。

解決事例の最新記事

どんな些細なことでもお気軽にご相談下さい ご相談のご予約はこちら 0120-146-111 受付時間 平日9:00~17:00 相談時間 平日9:00~17:00