頚髄損傷で後遺障害7級4号の認定を受け、裁判で合計2217万円を獲得した事案

1 事故発生

十和田市周辺郡部在住の80代の主婦が、自動車(事業用自動車)の後部座席に乗車していたところ、その自動車が路外に転落する事故に遭い、頚髄損傷などの傷害を負いました。

2 相談・依頼のきっかけ

事故後約4か月で治療中のところ、「後遺障害等級の認定手続や損害賠償請求について、弁護士に対応を依頼したい」とのことで、ご相談・ご依頼いただきました。

3 当事務所の活動

ご依頼後約3か月で症状固定に至り、当事務所の弁護士が後遺障害等級の認定手続を行ったところ、7級4号の等級認定を獲得しました。ここで、後遺障害7級の自賠責保険金842万円を確保しました。そして、当事務所の弁護士は、適正な金額での損害賠償を求めて、訴訟を提起しました。

4 当事務所が関与した結果

訴訟では、主張・立証を経て、1375万円での和解成立となりました。自賠責保険金842万円と合わせて、合計2217万円の獲得に成功しました。2217万円のうちの主な損害項目は、次のとおりです。いずれも裁判基準での金額です。

損害項目 金額
休業損害 150万円
傷害慰謝料 230万円
後遺障害逸失利益 563万円
後遺障害慰謝料 1000万円
弁護士費用・遅延損害金 266万円

 

5 解決のポイント(雑感)

被害者が高齢であったことから、保険会社側の弁護士は「休業損害や後遺障害逸失利益は認められない」と主張してきました。これに対し、当事務所の弁護士は、被害者が多くの家事労働を担ってきたことを主張・立証し、十分な休業損害と後遺障害逸失利益を認めさせることに成功しました。保険会社側の弁護士は、賠償金の減額のために様々な主張を展開してきますが、不当な内容にはしっかりと争っていかなければなりません。

6 お客様の声

スタッフの対応がよかったと思います。

※アンケート用紙には、窓口となっていただいたご親族の方にご記入(代筆)をお願いしました。

 

 

※クリックすると拡大されます。

 

解決事例の最新記事

どんな些細なことでもお気軽にご相談下さい ご相談のご予約はこちら 0120-146-111 受付時間 平日9:00~17:00 相談時間 平日9:00~17:00