左肩関節内骨折後の左肩痛で後遺障害12級13号の認定を受け、裁判で合計724万円を獲得した事案

1 事故発生

30代の男性が、バイク(原付)で道路を直進中、道路外へ左折する自動車に衝突される巻き込み事故に遭い、左肩関節内骨折などの傷害を負いました。

2 相談・依頼のきっかけ

依頼者は、症状固定前の段階で、慰謝料などについて知りたいとのことで、ご相談いただきました。そして、今後の対応をご依頼いただきました。

3 当事務所の活動

当事務所の弁護士は、依頼者が症状固定に至ると、被害者請求で後遺障害等級の認定手続を行いました。その結果、適正等級である12級13号を獲得し、まずは自賠責保険金224万円を確保しました。そして、適正な賠償金を請求して訴訟を提起しました。

4 当事務所が関与した結果

訴訟において、保険会社側はこちらが主張する損害額を争うほか、依頼者の過失割合が70%との不当な主張をしてきました。これに対し、当事務所の弁護士が粘り強く争っていきました。最終的に、裁判基準での損害額を前提に、依頼者の過失割合を30%とする内容での和解を勝ち取りました。和解金額は500万円、自賠責保険金の224万円を合わせると、合計で724万円の獲得となりました。

主な損害項目 金額
休業損害 69万円
傷害慰謝料 155万円
後遺障害逸失利益 525万円
後遺障害慰謝料 290万円

※上記の表の合計額は、724万円を超えていますが、保険会社が治療中に負担した既払い額、自賠責保険金の受領、および30%の過失相殺がありますので、金額に矛盾はありません。
※いずれも、裁判基準の満額を獲得しています。

5 解決のポイント(所感)

保険会社側が執拗に不当な主張を繰り返しましたが(特に過失割合)、当事務所の弁護士が一歩も引かずに戦い続けたことで、納得できる解決に至りました。

6 お客様の声

忙しいと思われる中でも、親切でスピーディーな対応、説明をしていただき安心して結果を待つことができました。ありがとうございました。   ※クリックすると拡大されます。

解決事例の最新記事

どんな些細なことでもお気軽にご相談下さい ご相談のご予約はこちら 0120-146-111 受付時間 平日9:00~17:00 相談時間 平日9:00~17:00