第2回・保険代理店のための交通事故勉強会を開催しました。

 

平成29年10月4日、八戸シティ法律事務所にて、第2回「保険代理店のための交通事故勉強会」を開催しました。  

八戸シティ法律事務所では、交通事故被害者の方のサポートを重要な注力分野の一つと位置付けて、日々の業務に取り組んでおります。その一環として、保険代理店の方々向けの交通事故勉強会を企画させていただいており、今回は2回目の開催となりました。

今回の勉強会は、「むち打ち」をテーマとして、後遺障害等級認定手続に精通した、行政書士法人青森総合法務事務所の行政書士・皆川眞友子先生との共同開催とさせていただきました。皆川先生からは、後遺障害認定にスポットを当てて、①後遺障害とは、②むち打ちの場合の後遺障害等級、③症状固定とは、④事前認定と被害者請求といった内容でお話しいただきました。

八戸シティ法律事務所からは、損害賠償請求にスポットを当てて、代表弁護士・木村哲也および弁護士・山口龍介にて「むち打ち事案への対応のポイント~賠償問題の適正な解決のために~」というテーマで、お話しさせていただきました。具体的には、むち打ちの事案での損害賠償額の算定方法、事故状況や過失割合が争点となった場合の戦い方、保険会社が治療費・休業損害の打ち切りを通告してきた場合の対応など、損害賠償請求に当たって実務上よく問題となる事項について、解説させていただきました。

勉強会においては、ご出席いただいた保険代理店の方々との活発な質疑応答があるなど、有益な情報提供と交流の場となりました。今後とも、交通事故に関する勉強会活動を継続的に開催し、日々の業務で交通事故の問題に接する方々との情報交換および交流を図り、連携を深めて参りたいと存じます。

【講演内容】

1 むち打ちの損害賠償について
2 主婦の休業損害と逸失利益
3 通院日数が少ないことの弊害
4 事故状況と過失割合の問題
5 治療費の打ち切りへの対応策


どんな些細なことでもお気軽にご相談下さい ご相談のご予約はこちら 0120-146-111 受付時間 平日9:00~17:00 相談時間 平日9:00~17:00